デジタルチケットスマホイメージ
デジタルチケットスマホイメージ

Release JUNE / 2019

新機能リリース

デジタルチケット

アプリで1回券や回数券、定期券を発行・購入することができます。事前決裁が可能なため店舗利用の促進・お客様の利便性向上が期待できます。 支払いは各種クレジットカードに対応。既存機能のスタンプカードやポイントカード機能とも連携することができるので柔軟なアプリの運用ができます。

※別途システム登録料として10,000円(税抜)が発生します。

デジタルチケットの特徴

1回券/回数券/定期券

チケットは1回券、回数券、定期券(期間限定型・自動更新型)の3種類から選べます。
用途に合わせて複数のチケットを作成することができます。

利用可能カード一覧

クレジットカードでお支払い(※1)の他、ApplePayのお支払いにも対応。Visa / Master Card / American Express / JCB / Discover / Diners Clubの6カードブランドに対応。(※2)

スクラッチ抽選

すべてのチケットタイプで先着・抽選を設定することができます。(※3) 抽選方法は自動抽選/手動抽選のどちらかを選べます。

ポイント連携

ポイントカード機能・スタンプカード機能と連携できます。チケット購入の特典として、ポイント・スタンプの付与をそれぞれ設定することができます。

※1.クレジットカード決済では、Stripe社(https://stripe.com/jp)の決済システムを利用しています。※2.初期設定で使用可能なカードはVisa / Master Card / American Expressのみとなります。JCB / Discover / Diners Clubの3カードをご利用の際は別途Stripe社へ利用申請をしていただく必要があります。※3.お支払い方法でApplePayを選択した場合、決済システムの使用上抽選機能がご利用になれません。

導入事例

事例飲食店イメージ

飲食店

美容・ジムイメージ

美容・ジム

小売り・ほかイメージ

小売り・ほか

導入メリット

安定した売上

安定した売上を
得ることができます

定期券の運用は、毎月決済金が入金されるため、安定的な収益を得られます。

来店時・プラン利用時

来店時・プラン利用時の
ハードルを下げられます

事前に支払う金額が分かるため、初めて利用するコース・プラン・メニューでも安心できます。

事前決済

事前決済を行うので
店頭決済が不要になります

レジ待ちの時間や店舗での現金取扱頻度を減らせるため、CS向上やセキュリティ向上が期待できます。

チケット紛失

チケット紛失の
リスクを軽減できます

チケットはすべてアプリ内で確認できるため、紛失や持ち歩き忘れなどの心配がありません。

チケット紛失

煩わしい契約更新等が
アプリ上で簡単に行えます

契約更新間際のユーザーは、店舗に訪れなくても契約が更新できるためユーザビリティが向上します。

利用イメージ

購入方法利用イメージ
購入方法利用イメージ

購入方法

販売中チケットを選び、
あとは支払うだけ

1回使い切りチケット、複数回利用できる回数券チケット、いつでも好きなときに利用できる定期券チケットから希望のチケットを選択します。 あとは支払いボタンを押してクレジットカード情報を入力し決済を完了させます。

ApplePayでのお支払いはお客様のお使いの端末がiPhoneで、管理画面よりApplePay機能をご利用できます。

1回券/定期券利用方法イメージ

1回券/定期券

回数券利用方法イメージ 利用方法イメージ拡大

回数券

利用方法 1

購入済みチケットから
利用します

1回券と定期券は「チケットを使用する」ボタンを押します。回数券の場合は、回数券チケットを開くを押してから「チケットを使用する」ボタンを押します。

1回券/定期券利用方法イメージ 利用方法イメージ拡大 利用方法イメージ拡大

利用方法 2

QRコードor認証コードで
チケット利用完了

チケットは2種類の方法で利用処理を行うことができます。QRコード(※1)で認証する場合は管理アプリ(※2)で読み取ります。認証コードでの処理を行う場合は指定の認証番号を入力します。

※1.QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。
※2.「管理アプリ」はiOSまたはAndroidで操作する店舗様向けアプリです。利用するには事前にダウンロードする必要があります。

専門スタッフより
ご提案させていただきます

TOPへ戻る